×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






めいどはんまーin大阪
レポート その1

 





”めいどはんまーin大阪”に行ってまいりました♪



今までの主な登場人物


川澄 舞
倉田 佐祐理







佐祐理: めいどはんまーin大阪に行って来ました」
祐一: めいどはんまーも遂に関西進出か」
佐祐理: 「思えば遠くまで来たもんだ」
祐一: 「あはは〜  私たち、中部組の人間にとっては近場ですけど帝都近辺の
方だとそうなんでしょうね〜」
佐祐理: 「今回の会場は、大阪 西区民センターだそうだ」
祐一: 「この辺は、交通の便が良くてイイですね〜」
佐祐理: 「地下鉄の駅から、徒歩1分  自動車もインターが目の前にある」
祐一: 「しかも目の前にはファミレス、歩いて3分のところにコンビニ
あるなんて、便利だよなぁ」
佐祐理: 「コンビニに置いてあった、”もののふV”はお昼に見た時は全部売れて
しまってましたね〜」
祐一: 「はんまー者の手によって、買い占められたな」(苦笑)
佐祐理: 「今回は新しい開催地、大阪と言うこともあって初めて見る方も大勢いたのですけど」
舞: 「『めいどはんまーの方ですか?』  『えぇ、そうです』  まる」
祐一: 「荷物で解るよな」(笑)
佐祐理: 「帝都組の方も朝早くから見えてましたね」
祐一: 「その中に参戦表明されて無かった人も居たしな」(苦笑)
舞: 「『あれっ?  なんで○○さんが此処に居るの?』  
『昨日、行こうって決めました』  まる」
祐一: 「この人達は・・・・」(苦笑)
佐祐理: 「さて、皆さん集まったようなので早速セットアップと行きましょうか」
舞: 「うい」









我が国の参戦したメイドさん


バッシュ・ザ・ブラック舞と(画像左端のね)
 
 Kanonの川澄舞です  今回は久しぶりに『めいどはんまー』だったので、急いで寸劇を造って元の姿に戻しました  今回の能力的な課題は”対空&対機械属性の二点を持たせる”です  前回の寸劇『解呪』でソウルエッジの魔剣としてのパワーが弱体化したのを、再現&対機械属性として、今回はハンマー扱いに  そのままだと魔物ハンターらしくないので、対属性攻撃の”魔族”を持たせています
 あと対空兵装としてアサルトライフルを肩にマウント  本当は、FSSのブーレイのような対空ロケットランチャーのようなのを造りたかったのですが、時間も無く  はんまー前日にゾイドのブロックスのパーツで適当に〜



関連記事

 黒騎士現る!
 浜名を焦がす黒い炎
 邪剣現る!
 解呪


キャラシート
    舞     武装編
    舞     スキル編
    





第一戦目





祐一: 「さて、今回の戦場だ」
佐祐理: 「初心者の方を考慮してか、遮蔽物はブッシュと少しの木くらいしか無い、
ごく普通のマップです」
舞: 「・・・・・隠れれるトコロが無い」(涙)
佐祐理: 「舞のような、白兵戦メイドさんには少しキツイかも知れませんね」
祐一: 「でも今回は、”もののふV”の発売の所為か、日本刀のみのメイドさんが
多い
から大丈夫なんじゃ無いかな?」
佐祐理: 「↑には写ってませんが、ボーナスとして酒瓶が中央付近に置かれて、この瓶に
タッチした人が景品として貰えました」
祐一: 「まぁ、ボーナスと言っても”只の酒”じゃ無いんだけどな」
舞: 「・・・・・貰って喜ぶのは趣味が”変な飲み物を探すこと”な人くらい」
佐祐理: 「あと、戦闘不能になったメイドのご主人様にも残念賞が貰えるみたいですね」
祐一: 「そして、今回の第一戦目は初心者の方にルールを覚えて貰う為に、一人一体の
メイドさんのみの参戦だ」
佐祐理: 「いきなり2人だと集中できませんからね」
祐一: 「うん  ルールを把握するには他の人のプレイを見るのが解りやすいからな」
舞: 「でも、一撃で倒されると・・・・・」
祐一: 「そこがな・・・」(苦笑)




佐祐理: 「今回の先行側   舞にとっては敵側の陣地です」
舞: 「飛行1・・・・   不死1・・・   あとは・・・・」
佐祐理: 「普通のメイドさんですね」
祐一: 「飛行メイドさんが居て、舞の対空兵装も無駄にはならなかったな」
舞: 「魔物さん・・・・」
佐祐理: 「『不死』の属性の方なら居るんですけどね〜」
祐一: 「う〜ん  ソウルエッジが『魔剣』だったら有効だったんだけどな」
佐祐理: 「そこが、『魔剣』と他の『対属性攻撃』の違いなんでしょうね」
祐一: 「魔剣は人外に対しては非常に有効なんだけど、『機械属性』には悲しいくらい
シテオク
だからな」
佐祐理: 「本来の『魔剣』の−1と『機械属性』の−1をあわせてダメージに−2されて
しまいますからね」


『不死』:  自分のHPが0以下になったターンのターン終了フェイズ時に、SPを
1使うことでHP3となって復活できます。この能力は1ゲーム中に1回しか使えません
 魔族とはニュアンスが似ているが、異なる属性
『魔剣』:  攻撃判定4  通常の相手に対してはダメージが−1されます(0にはなりません)が、
[妖精][神族][魔族][不死]の属性を持つ相手に対しては−1されずに、そのまま
ダメージを与えます
『対属性攻撃』:  習得時に対属性攻撃の目標となる属性1つを[人間]以外で設定します。
その属性を持つドールさんに射撃、白兵戦を行う際、攻撃判定に+1のボーナスが
付きます
『機械属性』:  自分が受けた攻撃のダメージを−1します。ただし、エネルギー兵器、爆風、毒ガス、
[格闘技(関節技)][格闘技(投げ技)][計略][魔法]による攻撃は防ぐことはできません




祐一: 「そして今回の友軍」
佐祐理: モーター・メイド揃い踏みですね♪」
祐一: 「今回は舞いが『機械属性』に悩まされなくても済みそうだな」
舞: 「せっかくの『ハンマー』が・・・・」(涙)
祐一: 「まぁ、世の中そんなもんだ」


『斧・ハンマー』  攻撃判定2  ダメージ+2。また[機械]属性や「盾/鎧」等によるダメージ軽減効果を
無効化します





佐祐理: 「先行側のターンです  今回は白兵戦メイドさんが多いので、皆 前進して
きますね〜」
祐一: 「この距離で驚異なのは軽機関銃くらいか」
佐祐理: 「でも、まだ『有効射程距離』内ではありませんし・・・・」
舞: モーター・メイドに飛び武器は効かない!
祐一: 「ソウルエッジの能力は弱体したと言っても、『切り払い』は健在だしな」


『有効射程距離』:  各武装には有効射程&最大射程距離が有り、これが最大射程距離の目標を
攻撃するときだと攻撃判定に−1される
 ちなみに、軽機関銃だと有効/最大:90cm/180cm  
ピストルだと有効/最大:45cm/90cmとなる
『切り払い』:  白兵戦武器を持っていること サイコロを振り1〜3の目が出たら直射攻撃による
ダメージを−1することができます  SP技は切り払えません





祐一: 「さて、こちらのターンだ」
佐祐理: 「白兵戦が得意な舞は前進あるのみですね」
舞: 「MOGさん(メイド・オブ・ゴールド)は動かずチャージのみ・・・・」
佐祐理: 「今回はバスターランチャーを『荷電粒子砲』扱いにしているようですね」
祐一: 「敵にすると怖いが、友軍に居ると心強いよな」
佐祐理: 「LEDスペクターさんは動かないんですか?」
祐一: 「LEDスペクターさんは、歩くと転倒してしまうんだそうだ」
舞: 「げ〜こま」


『荷電粒子砲』:  攻撃判定2  有効/最大:135cm/270cm  ダメージ+3。射撃するたびに
エネルギー充電が必要です。事前に1行動フェイズを使って「充電」を行わない限り、
射撃できません  星団法違法の装備





佐祐理: 「敵メイドさんが、酒瓶に近づいています」
舞: 卑しい人達だ
祐一: 「お前が言うな」
佐祐理: 「わは〜さんが、随分手前に居ますね?」
舞: 「何も考えずにツッコンで来ているような・・・」
佐祐理: 「わは〜さんも射撃武器を持ってないから、格闘戦が得意なメイドさんなんでしょうね」
祐一: 「射撃武器を持っていないメイドさんは、白兵戦の間合いに入る前は、ただひたすら
撃たれるのみだから、『テレポート』か『強行』を持っていると早く相手に
接敵できる
ので有効だかお奨めだ」
舞: 「敵に接近する前に蜂の巣にされるのは嫌」
佐祐理: 「あと先ほど、出てきた『切り払い』や『機械属性』でダメージを減らすのも有効です」
祐一: 「しかし、わは〜 は何も手に持って無いゾ」
佐祐理: 「わは〜さん ですから」
祐一: 「そうか  わは〜 だからか」
舞: 「わは〜♪」


『テレポート』:  90p以内の任意の場所に、瞬間的に移動します。この時、自分の半径15p以内にいる
ドールさん1体を連れていくこともできます。
  SP消費技
『強行』:  移動力が+1されます。  ちなみに、はんまーの一歩は15cm  普通のメイドさんは
1ターンに4歩(60cm)動けます





佐祐理: 「亜!  来栖川芹香さんが『サモンゲート』で魔物を召還したようです」
舞: 「魔物!!」
祐一: 「残念ながら、舞とは反対の方向だな」
舞: 「ま〜も〜の〜」
佐祐理: 「舞〜  とりあえず、目の前の敵に集中するんですよ〜」
祐一: 「さて・・・  その問題の目の前の敵だんだが・・・」


『サモンゲート』:  術者の半径15p以内に異界の魔物を召喚します。この魔物は[魔族]属性を持ち、
HP3、白兵戦の攻撃判定3、また常に「狂暴化」状態として扱います
  SP消費技





舞: 「何時の間に?!」
祐一: 「おいおい、もう白兵戦か?
佐祐理: 「『ぐるぐるパンチ』を敢行してきたようですね」
佐祐理: 「ダメージ来ます!  二点!」
祐一: 「ふふん、二点か  素手の わは〜 ではそれが限界だろう
舞、次ぎのターンでお前のソウルエッジの味をとくと味合わせてやれ」
舞: 「はちみつくまさん」


『ぐるぐるパンチ』:  両腕をぐるぐる回し、奇声をあげながら目をつぶったまま敵に突撃する捨て身で超迷惑な攻撃です。
半径60p以内の敵ドール1体を目標とし、それを中心に半径15p以内にいるすべてのドールさん
(味方含む)に攻撃判定2の突撃攻撃を行います(曲射攻撃。ダメージ+2)。その後、目標と
白兵戦状態になります。なお判定で6を出すと、自分の目が回ります(1ターン行動不能)。