×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



『戻る』



めいどはんまー14・レポート  その1



今までの主な登場人物


川澄 舞
倉田 佐祐理



 毎度、送れて参上の中部組  今回も2回戦目からの参戦です  レギュレーションは、クリスマス前と言う事で、メイド服&サンタ服がOKとなっていました
 あと、今回から採用される、新ルール『M&M ver0.76』の初プレイです   




今回はブラック・舞と のみ参戦

我が国の参戦・メイドさん

バッシュ・ザ・ブラック・舞と

  装備
   パイドルスピア         (ビームライフル扱い)
   バッシュのベイル       (盾扱い)
   魔物ハンターのなまくらな剣 (刀扱い)

  技能/特殊能力
    気合い  強行
 基本的に、めいどはんまー9はんまー合宿と同じ装備&能力です    が、今回の新ルールだと、刀のメイドポイント(注1)が、5→10に変更された為、前回までのキャラメイクで、メイドポイント100めいいっぱい使用していたので、奥義『乱舞』(メイドポイント30)が使えず、代わりに技能『気合い』(メイドポイント20)に変更しました


(注1):メイドさんに、装備させる武器及び、能力はメイドポイントと言う単位で、価格?が設定されており、各めいどさんは自分の持ち点(100メイドポイント)から、武装&能力を購入出来る  ちなみに、今回の”ブラック・舞と”だと

ビームライフル MP20
MP15
MP10
気合い MP20
強行 MP30
 
 の合計95メイドポイントを使用しました
   


関連記事

   黒騎士現る!!



佐祐理: 「舞〜  奥義鉄砲玉が使えなくなってしまったんですね」
舞: 「乱舞!!」
祐一: 「『乱舞』の無限ロールは魅力的だったんだけどな〜  あと、『乱舞』って名称も
気にいってたんだけどな」
佐祐理: 「まさに、舞の為の奥義!! って感じの名前でしたよね」(笑)
祐一: 「このまま、『乱舞』を捨てるのは惜しいな  次回ではパイドルスピアを破棄して
魔道大戦編のデコーズが駆る、二刀流黒騎士の装備にでもして見るか?」
佐祐理: 「パイドルスピアが無くなれば、強行も要らなくなると思いますので、50メイド
ポイントも余裕が出来ますね♪
 ところで祐一さん、佐祐理の装備&能力の紹介文が見えないんですけど?」
祐一: 「あ、今回、佐祐理さんベンチ入りだから」
佐祐理: 「ふぇ?  あの良く聞こえなかったんですけど・・・」
祐一: 「今回の会場は、何時もと違って少し狭かったから(調理室? 学校の家庭科室
見たいな場所でした)今回、参戦させるのは一人にしておいたんだ」
佐祐理: 「そんな〜  折角、この日の為に佐祐理はおにゅ〜の衣装
着てきたのに・・・」



留守番組

調理台の上にて撮影  隣にはコンロが在りました


祐一: 「えっ?  おにゅ〜??   何時もと同じ格好に見えるけど?」
佐祐理: 「祐一さん、リボンですよ   り・ぼ・ん!



青いリボン 緑のリボン
使用前 使用後


舞: 「・・・・余り代わり映えしない」
佐祐理: 「そうかなぁ・・・  でも、佐祐理のトレード・マークはやっぱり緑色の
チェックのリボン
だと思うんですよ」
祐一: 「管理人も長い間探してたようだしな」
舞: 「佐祐理のリボンは管理人が、ひゃくえ・・・」
佐祐理: 管理人さん、このような素敵なリボンを買って頂いて有り難う
ございます   佐祐理は、とても気に入りました♪」
舞: 「・・・・でも百円」(ぼそっ)
祐一: 「舞〜 こだわるな〜   さて、また今回も前置きが長くなっちゃったな
それでは本題のめいどはんまー14のレポートへ行ってみようか」
舞: 「・・・・グフなら青いリボン
祐一: 「リボンの話は、もうええんじゃ〜〜〜!!」




『戻る』          『次へ』          『トップ』